風俗の仕事、不安に駆られて申し込みできないでいる人、いないかしら?

一番の目的は何でしょう

自分の食い扶持を確保

心や肉体など、自分で自分を養う必要がある昨今。罪を犯すことなく、正々堂々と生き抜きたいものです。
自分の生計は自分で賄いたいと思うのは、誰だって同じだと思うのは、私の考えすぎでしょうか。
挑戦する気持ちも大切ですが、危険な区域や業界だけは避けておきたいとも思うのですよね。
だから、自分で確認をしなくてはならない事って沢山、あるのよね。例えば、お給料と仕事の内容。嫌な仕事が舞い込んだ時には、断ることができるのかどうか。
そして、仕事の中でのトラブルが発生してしまった場合の会社としての対応はどうなのか。
実際、トラブルになっても、会社は守ってはくれないとはしても、一応の建前上の書類などは、確保しておきましょう。後々の証拠になるからね。

個人の商売として捉えている場合

昭和の時代なら、女性の手っ取り早い商売として、街中で佇んでいると、声をかけてくる男性がいたものです。
そう、「立ちんぼ」とかいう商売です。本人が承知の上での売春なのです。自衛隊の駐屯地の付近では、商売としてのお店がいくつかあるようですが、ちょっとダークな場所ですといまだにあるのかもしれないですね。
それを必要悪と称する人もいるだろうけれど、今は、そのような議論は無用ですね。自分の人生を切り開くための手段として風俗の業界にいく人もいるかもしれないです。
作家の方も風俗の仕事を経験されている人は多くいますし。世の中のことを知るには、絶好の場所でしょう。
でも、自分を見失うことだけはしないでもらいたいですね。あくまでも手段であって、生きる目的ではないのですから、仕事は。